FC2ブログ

注目商品リンク

エロゲー関連新着記事(アンテナサイト様より)

TOP > 艦これ
TOP | NEXT

リストマーク 「艦これ」春の艦祭りに行って来ました 

2016年03月23日 ()


人が多すぎた (;´д`)


gazou20160321 003_R








クリックして続きを読む



3月21日(日)にベルサール秋葉原にて開催されました、「艦これ 春の艦祭り」に行って来ました~。
1つ前の記事(佐世保聖地巡礼)が長かったので今回はさっくり目に紹介。








会場に近づくとさっそくラッピングカーが。


gazou20160321 003_R


gazou20160321 004_R






今回は主に
「艦娘四重奏の午後 from 東京フィルハーモニー交響楽団」
「艦娘四重奏の夕べ from 東京フィルハーモニー交響楽団」
の2つのステージプログラム目当てで来ました。






5月7日にはちゃんとした会場で艦これクラシックコンサートが開催されるのですが、そちらは裏でごちうさのイベントが開催され、そちらに参加する予定のため参加できず。
せめてこっちで聞けたらなあと思って来てみることにしました。








が、会場めっちゃ混んでましたね。
↓は「午後」の方の時の会場。



gazou20160321 008_R






声優さんが登壇するイベントならともかく、東京フィルの方はみんなそこまで興味ないだろ~と思って舐めてました。
物販の方も早々に整理券配り終わってたみたいですし、この日のベルサール付近の混み方異常でしたね……。
なお声優さんの出るステージの時はこの画像の倍くらいは混んでいた模様。









さて、肝心の演奏の方ですが、近くに縁日のブースがあって射的のパンパン音が混ざるのがどうにも……
ヨーヨー釣りとか音の出ない企画にすれば良かったのに。



gazou20160321 012_R


gazou20160321 011_R



gazou20160321 009_R







ただ東京フィルなので演奏自体の腕は確か。
登壇された4人の奏者の方は金剛型のコスプレをしていて、演奏のみならずビジュアルの方も本格的でした。
東京フィルにコスプレさせるとは……( ゜Д゜)








演目は

「第三十駆逐隊、抜錨準備」
「二水戦の航跡」
「モドレナイノ」
「飛龍の反撃」
「全艦娘、突撃」




で、「午後」と「夕べ」で共通(のはず)
私自身がゲーム本編引退してからのブランク長すぎて「全艦娘、突撃」以外の曲は分からなかったので、ツイッターから拾った演目になります。
この演奏があることをもっと早く知ってたら少しは予習して来たんだけどなあ (;´д`)
私が艦これやってたのって2013秋~2014春くらいなので、ちょっとでも新しい曲出されると把握できないの……







演奏の合間に軽く展示ブースも覗いてみました。
こちらも入場だけで20分待ちくらいの大混雑。
撮影禁止だったので写真は無しですが、製作中のフィギュアの展示等が中心。
↓チラシをもらってきました。




007.jpg



009.jpg







あと目を引いたのは春から稼動予定の艦これアーケードの筐体があったことです。
3Dポリゴンの長門、陸奥、赤城、伊勢などがぐりぐり動きまくってましたが、一番可愛いのは島風ちゃんでした(ロリコン並感想)
3Dで動く駆逐艦やっぱ可愛いですね、ゲーセンに通うという習慣はないのですが、これは通ってしまうかも……










とまあこんな感じのイベントでした。物販はあまりも列が長すぎるし、これといって欲しい物もなかったのでスルー。
ベルサールの地下ではクローズドイベントもやってたみたいですが、そもそも事前チケット申し込んでないので参加できず。
一日通じて人の数は物凄く多くて、これだったら幕張メッセとか専用のイベント会場でやっても良かったのでは?と思うくらいの賑わいでした。








以上です!
















































Close↑

スポンサーサイト
[PR]

【さらに関連記事を読むにはタグをクリック→】 艦これ
[2016.03.23(Wed) 01:39] アニメTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 佐世保・西海ノ暁9レポ&長崎旅行記(艦これ聖地巡礼、軍艦島) 

2016年03月20日 ()


長崎旅行記、またの名を婚活佐世保編。





Cc1S8VOUYAAIwCD.jpg





クリックして続きを読む




3月6日に開催された佐世保の艦これ同人イベント「西海ノ暁9」のレポを書いていきたいと思います。


以前の記事でも書いているとおり、今回のイベント参加は「みるこみ」の響ちゃん抱き枕カバー目当てでした。でもただ行って買って帰ってくるだけじゃつまらない!ということで前後3日間にわたって、佐世保の「艦これ」ゆかりの地巡りと、前々から行きたかった長崎の軍艦島上陸をこなして参りました。

長文になるかと思いますが、最後までお付き合いいただけると幸いです。










初日:3月5日(土)





この日私は、朝の6時とかいうとんでもない時間に羽田空港にいました……









実は、サークルさんの方から目当ての抱き枕カバーのサンプル画像が出るのが遅く(というか、結局最後までちゃんとしたのは出なかった)、「飛行機の予約は画像が出てからにしようかなー」とか考えているうちに、朝のちょうど良い時間帯の便は全て埋まってしまったのです。
唯一残ってた比較的安めの便はこ ん な 早朝。
宿は直前でも無料キャンセルできるので比較的早めに押さえていたのですが、飛行機の方はキャンセル代かかってしまうのでケチってたら、かえって裏目に出てしまった…… (;´д`)









航空会社は今回初めての利用となるソラシドエア(旧スカイネットアジア航空)。
さすが九州拠点の航空会社らしく、ドリンクサービスで長崎県産あごだしのスープが出てきたので、ありがたくいただきながら、目的地長崎に思いを馳せます。


gazou20160307 009_R







あと飛行機の中から見える富士山がめっちゃ綺麗だった。





gazou20160307 005_R








長崎空港から佐世保はバスで1時間半と結構かかるのですが、それでも出発が異常に早かったため、佐世保駅着の時点でまだ午前11時。
抱き枕erの間では一番乗りだったんじゃないかな?勝ったぜ。(何の争いだ)











13時から海上自衛隊基地の艦艇見学に参加する予定でしたが、予想以上に早く着いてしまったので、しばらく駅前を散策しました。
目に入るのは海上保安庁の艦艇に教会建築と、いかにも港町!って感じです。
教会の方はあまりに立派過ぎて最初ラブホかと思いましたけど。




gazou20160307 014_R













明日の会場であるアルカス佐世保も下見してきました。





gazou20160307 013_R





最初行った時には高校生っぽい人たちがたくさん集まって記念撮影してるので、卒業式かな?と思ったら、何と「自衛隊入隊予定者激励会」でした。
本当に旧海軍の時代から続く「海軍の街」なんだなーと実感するとともに、この中から将来本物の「提督」になる人が生まれてくるかもしれない……などと思ったり。













佐世保バーガー食べたりしているうちに13時になったので艦艇見学へ。
一人ひとり身分証明書の提示と住所氏名の記入をさせられるので少々時間はかかりましたが無事入場。
意外なことに中は撮影禁止では無かったので写真つきでお送りします。










まずは「多用途支援艦 あまくさ」

gazou20160307 034_R







日替りで複数の艦を見ることが出来、うち1隻は乗船も可能という形のようですね。
本日乗船可能だったのがこの「あまくさ」。早速乗船してみます。

















「羅針盤回すよ~!」

gazou20160307 041_R







gazou20160307 048_R








gazou20160307 051_R








gazou20160307 054_R











乗船時にもらえたパンフレットによれば、訓練用射撃標的の曳航、航行不能艦船の曳航や、車両の輸送や給水任務といった災害支援を行うための艦だそうで。
どうせだったら護衛艦に乗りたかった……という思いはありますが、(幸いにして)今のところ外国との本格的交戦を経験していない海自においては、ある意味一番活躍の機会の多い艦なのかもしれないですね。













続いて護衛艦すずつき。





gazou20160307 057_R







すずつきの近くには、何故か「しまかぜ」……?



gazou20160307 025_R







と思ったら、








gazou20160307 050_R





対岸に護衛艦「しまかぜ」を見ることができました。佐世保が定係港だったようです。
(後で調べたところ、上の写真左側の艦(172番)が「しまかぜ」)
何気にこの日見ることができた唯一の艦これ実装艦(と同じ名前の艦)でした。
















護衛艦さわぎり。

gazou20160307 064_R









すずつきの後ろ、ありあけ&あさゆき。
すずつきが邪魔で見えん(笑)

gazou20160307 074_R











掃海艇ひらしま。

gazou20160307 082_R









私は特にミリヲタという訳でもないのですが、やはりリアルの護衛艦は見た目だけでも迫力があって、前提知識がなくても楽しめます。
基本的に毎週土日に公開されており、団体以外は特に予約なしで見に行けますので、機会のある方は是非。
日によってはぜかましちゃんに乗船(意味深)できることもあるようです!














敷地内では海上自衛隊の庁舎も開放されており、フツーに観光スポットと化していました。
食堂で海軍カレー食べたかったのですが、残念ながら土曜は休み。


gazou20160307 065_R

gazou20160307 066_R








食堂フェニックス
「食堂だよ。その活躍ぶりから不死鳥の通り名もあるよ。(でも土曜は休む)」

gazou20160307 067_R








代わり(?)に売店で謎の自衛隊限定緑茶買いました……
割と不味かったです(直球)
売店では海自グッズなども色々と買えます。


gazou20160307 073_R




















15時前には艦艇見学を切り上げ、佐世保史料館(セイルタワー)へ。
こちらは館内撮影禁止なので、外観のみ。






gazou20160307 100_R







gazou20160307 101_R




7階まである大規模な史料館で、幕府海軍から現代海上自衛隊に至るまでの日本海軍史を一望できるという、とても見ごたえのある施設です。
艦これの時代(WW2)は5階当たりかな。艦船の模型や実物資料も充実していました。



その他にも、海上自衛隊の活動を特集した50分くらいの映像資料がシアターで上映されてたり、実際に遊べるシミュレーションゲーム(といっても艦これみたいのじゃなく、操船シミュレータ、つまりフライトシムの船版)が設置されていたりと楽しめる要素が多いので、普通に見るにしても2時間くらいの時間を確保しておいた方が良いです。

私の場合は閉館1時間半前(15時半)に入館しましたが、かなり駆け足で見ることになってしまったので…(ノД`)













史料館の後はホテルへ。晩飯食べられるところを探してホテルの周りをぶらっとしてたらアニメイトがあったので覗いてみたりしつつ、この日は終わり。






























2日目:3月6日(日)





いよいよイベント本番の2日目。
昨日下見したアルカス佐世保に向かいます。


規定の来場時間9時を過ぎた当たりで、列形成開始。
カタログ未購入者の列と購入者の列を別に作る形式だったため、カタログを持っていない人はそれだけで出遅れてしまうことになってしまいましたが、私は事前購入していたため問題なし。

列形成はスタッフの近くにいる人から順番に肩を叩かれて並んでいく「肩たたき」方式。私の来場した9時時点で既に100人以上はいたように見えましたが、ポジショニングが良かったので比較的早い番号をゲット。










↑これ、0001番の人でも「おっそーい」なんでしょうね……w








3月の同人イベントといえば、昨年のコミスペが列待機中凍死しそうに寒かった覚えがあったので、そこそこの防寒対策をしていましたが、やはり長崎と幕張では気候が違い、雨が降っていたにもかかわらず暑いくらいでした。
あと列中は流石に「艦これ」の話をしている人が多く、熱気に溢れてましたね。私はゲーム本編は引退して2年以上経っているので聞いててもあまり分からず……w







そうこうしているうちに入場→初手みるこみ→抱き枕無事確保の流れ。















抱き枕カバーの出来は本当に素晴らしいの一言です……。「わざわざ佐世保まで来た甲斐があった」というのが抱き枕erの一致した感想なのではないでしょうか? 詳細はレビュー記事を参照。




しかし持ち込み数は少なかったようで、7分くらいで完売してしまったとのこと。かなりひやっとする戦いでしたね。
旅費&宿泊費使っておきながら、手に入りませんでしたでは哀しすぎるので、数だけは十分に持ってきて欲しいなあ……
みるこみが他の地方同人イベントで抱き枕カバーを頒布した時は、昼まで残っていたということなので、単に響のキャラ人気が凄かったのかもしれませんが。



正直私自身は地方遠征自体は全く苦にはならないのですが、(むしろ前から行きたかった近隣の聖地巡礼・舞台探訪等を消化できるのでラッキー、というレベル)流石にモノが手に入らず手ぶらで帰るのは精神的ダメージでかいので、数だけは十分用意して欲しい……


結果的には、9時の時点でいた人で初手みるこみの人には行き渡るくらいはあったのでしょうか……? それも行き渡らないレベルだったとすると、完全に運ゲーになってしまうので問題だと思うんですよねえ。














とまあ色々と思うことはありつつも、イベントの方はサクッと離脱。











軽食の後に、佐世保最後の巡礼スポット、東山海軍墓地(東公園)へ。
ここは旧海軍の戦没者を祀るための墓地で、艦これに出てくる艦の戦没者慰霊碑も多く建てられています。
なお、読みは「とうやま」ではなく「ひがしやま」。



gazou20160307 104_R




東山海軍墓地の最寄バス停は「福石小学校上」ですが、実際には徒歩3分ほど離れた「大宮町」のバス停を利用することをオススメします。大宮町の方はバスの本数がかなり多いのですが、福石小学校上の方は少なく、行きにこれで行くと帰りのバスが無くて焦ることになります(自分がそうだった)






園内地図。嫁艦がここにいるという提督さんには是非来てもらいたいところ。(クリックで拡大できます)


gazou20160307 145






全てを写真に撮った訳ではありませんが……
ここに眠っている艦は、金剛・飛龍・時雨・白露・皐月・文月・長月etc……




gazou20160307 115_R




gazou20160307 111_R





gazou20160307 132_R





gazou20160307 146_R








こちらは瑞鳳ちゃん。その下に刻まれた一言が重い。


gazou20160307 126_R





「おとうさん、お兄さん、愛しい吾子たちよ、永遠に安らかに。」

gazou20160307 128_R







桜のシーズンにはお花見の客でかなり混み合うようなのですが、この日は天気も悪く、まだ桜も開花していなかったことから静かに見れたのはラッキーでした。







この場所にいると、本当に日本という国はわずか70年前には戦争していたんだな……ということを実感します。
艦娘のモデルとなった艦に敬意を払うという意味でも、提督のみなさんには是非一度お参りして欲しいスポットです。
艦娘のエロい抱き枕カバー持ったままお参りしてる人が何言ってるんだという感はありますが。









その後は長距離バスで佐世保→長崎市内のホテルへと移動し、2日目終了。
普段TVってあまり見ないのですが旅先で暇なのでつけていたら、タイムリーにもEテレでペトルーシュカ(艦これのイースターエッグで使われた曲)やってましたね。


























3日目:3月7日(月)



イベントも、艦これ聖地巡礼も一通り終えたのに、何故長崎県内に残っているのか……?
その答えがこれ。








軍艦島は元々数年前(学生時代)から行ってみたい場所だったのです。

・「全島が廃墟の島」という中二マインドくすぐられるスポット
・貴志祐介先生の小説「ダークゾーン」の聖地
・「シンフォニック=レイン」の音楽を手がけた(故)岡崎律子さんの出生地

と行ってみたい要素満載でしたので。
この機会を逃す訳にはいかない!と少し足を延ばしてみることにしました。




なお、名前は「軍艦島」ですが、これは単に見た目が軍艦っぽいからという理由であり、以下特に艦これ要素はありません。悪しからず。(正式には「端島」という)















さて、軍艦島へ行くためには、長崎港から「軍艦島上陸ツアー」なるものに参加することになります。
現在4社がツアーを運営しており、会社によって解説などに特色があるようなのですが、予約した時点(1週間前)では各社ともほぼ満席に近づいており、1社しか選択の余地無し。


やっぱり世界遺産になったので人が増えているのかな。
基本的に予約せずに乗れることはあり得ないので、興味ある方は早めの予約をオススメします。







ツアー会社の事務所で、「何かあっても自己責任だよ」的な誓約書にサインさせられた後、この船で軍艦島へ。

gazou20160307 165_R








軍艦島へ向かう途中、たまたま長崎に停泊中のイージス艦「こんごう」を見ることができました!金剛デース!
艦これ要素はありませんとか言った途端にこれだよ!(歓喜)


gazou20160307 168_R








さて次はいよいよ軍艦島……の前に、船は一旦「高島」に停まります。



gazou20160307 189_R





ここも軍艦島と同じく炭鉱島として栄えた島です(一応今でも有人島)。
石炭資料館と軍艦島100分の1モデルを使ったガイドさんの解説で軍艦島の歴史を知り、上陸への気持ちを高めます。



gazou20160307 176_R


gazou20160307 180_R







小説「ダークゾーン」中でも重要スポットだった端島神社。その鳥居は既に倒壊しており、唯一神輿のみがこの石炭資料館に残っているとのこと。


gazou20160307 185_R











30分ほどで高島を後にし、いよいよ軍艦島へ……!



gazou20160307 211_R


gazou20160307 213_R


gazou20160307 216_R








上陸!
気象条件により上陸できない日もかなりあるとのことで、この日は4日ぶりに上陸できたとのこと。本当に運が良かった。



gazou20160307 217_R







上陸時間はかなり短い(30分ほど)なので、ガイドさんに連れられ駆け足気味に見て回ります。
といっても全島を見れる訳ではなく、見学通路として動けるスペースはかなり限られています。ちょっと残念。
(↓の地図の赤いのが見学通路)

001bbbb.jpg







ガイドさんいわく、炭鉱が稼動していた当時は時代の最先端を行く島であったとのこと。

・人口密度世界一
・住宅や電気は全て炭鉱の運営会社から供給されるので、娯楽にお金を使うことができ、TV普及率日本一
・カジノやバー、ダンスホールといった娯楽施設も東京や大阪に先駆け完備
・幹部社員用の社宅「30号棟」は、日本で最初の鉄筋コンクリート造高層アパート
・毎日のように本土から物資が運び込まれ、メインストリートでは連日青空市場が開かれていた





そのような栄華も今は昔、このように朽ち果てた状態になっています……




gazou20160307 223_R


gazou20160307 228_R


gazou20160307 229_R



gazou20160307 234_R



gazou20160307 236_R




gazou20160307 237_R









この建物が端島小中学校
小説作中で重要シーンの舞台にもなったグラウンドは、残念ながら校舎の裏側、見学通路からは見れない場所でした。


gazou20160307 218_R







炭鉱事務所。人がいるのは保守作業ですかね?
必死の保守作業にもかかわらず、常に波や海風に曝され続けるという厳しい気象条件なので、数十年後には完全に朽ち果てて何も無い島に戻ってしまうだろうとも言われているそうです。


gazou20160307 233_R






真ん中の7階建てが、幹部社員用の高級社宅だった30号棟
ここの屋上は見晴らしが良く、島内一のデートスポットとなっていたとか(小説からの受け売り)

gazou20160307 240_R









この「くの字」に曲がった建物は一般社員用の社宅。
波が防波堤を突破した時の「第二防波堤」としての役割もあるためこのような形になっており、幹部社宅を守るような形で建てられています。


gazou20160307 242_R








プール。物資に溢れていた軍艦島ですが真水だけは貴重だったため、海水プールだったとか。

gazou20160307 243_R







この島で唯一生きている施設は灯台だけです。
炭鉱閉山・無人島化により明かりが無くなった事から建てられたもの。

gazou20160307 249_R








この建物の裏が坑口(海底炭坑への入り口)
湿度・温度ともに高く大変過酷な作業環境だったとか。

gazou20160307 253_R







ボイラー室。もはや向こう側が見通せる状態に。

gazou20160307 257_R








あっと言う間に上陸時間は終了。


gazou20160307 259_R


gazou20160307 262_R








さらば軍艦島……
最後に島の周りを一周してから長崎港へ帰港。
↓の写真のあたりが小中学校のグラウンド。多分。


gazou20160307 263_R













こうやって見てみると、この廃墟の島が数十年前までは世界の最先端だったとはにわかに信じられませんね……まさに、栄枯盛衰。
ガイドさんいわく、端島炭鉱は当時三菱の経営していた炭鉱の中でも唯一黒字のまま閉山したとのことですが、それでも朽ち果ててしまうのは早いものです。






軍艦島を含む23の遺産群は、「鎖国状態にあった日本において、非西洋地域で初めて、約50年間という短期間で飛躍的な経済的発展を成し遂げた産業遺産群は、その歴史上の重要な段階を物語る建築物のまとまった集合体の顕著な事例であること」を評価されて、「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産登録がなされました。






端島炭鉱から採れた石炭はほとんどが製鉄のために使われ、その鉄は軍艦はじめ軍事兵器のためにも多く使われたとのことです。
炭鉱は大日本帝国の近代化・経済発展・軍事大国化に不可欠なものでしたが、エネルギー革命により資源の主流が石炭から石油に移行したことに伴い、最後はひっそりと消えていきました。







奇しくも前々日に立ち寄った佐世保史料館では、大日本帝国のことを「第一次世界大戦を経て、欧州中心の世界秩序から、米国中心の世界秩序に移行しつつあることを理解できず、世界の潮流からズレた行動を取る様になった」と説明していました。


もう少しミクロレベルの話をすると、日本海軍が日本海海戦の成功体験に縛られすぎ、大鑑巨砲主義から空母機動部隊へという戦術の大転換を受け入れられなかったのが太平洋戦争の敗北の一因とも言われていますね。


時流に乗って栄え、新しい時流に乗れずに滅んでいくという意味では、今に残る軍艦島の姿は戦前日本の姿そのものを表しているようにも見えます。







艦これをきっかけに日本戦史に興味を持った提督の皆さんは、少し視野を広げて日本産業史を学ぶという目的で長崎を訪れてみると、何故艦娘たちは無謀とも思える戦いに身を投じなければならなかったのか、大日本帝国という国そのものの盛衰の背景とあわせて、より理解が深まるのではないでしょうか。


……まあ、エロい抱き枕カバー目的で長崎を訪れてる奴が言うなよという感はありますが。





































ついにこれにて全旅程終了。
長崎港からは「蒼の彼方のフォーリズム」の聖地五島列島行きの船も出ているので、休みがもう数日あれば行ってみたかったのですが、流石にタイムオーバー。















ということで長い記事になりましたが、今回の遠征レポを終わらせていただきます。




次の遠征はどこになるかなあ……
PRIMIL先生が「次は舞鶴か大湊行きたい」みたいなことを呟いていたので、また何か凄く欲しいモノが出るようだったら行ってしまうかもしれません。
一方で艦これアニメに使われた舞台という意味での聖地は呉なので、そちらも機会があれば行ってみたくはあります。(アニメ自体の出来はちょっとアレではありましたが……)






この遠征(聖地巡礼)シリーズ、当ブログの中でも異質な記事なので、どこまで読んでくれている人がいるのか分かりませんが、もしいれば引き続き楽しみにしていただければと思います。








以上です!
















Close↑

【さらに関連記事を読むにはタグをクリック→】 同人誌聖地巡礼艦これ
[2016.03.20(Sun) 17:58] 同人誌/同人イベントTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 艦これ 響抱き枕カバー(みるこみ PRIMIL先生)レビュー 



佐世保に行くと言ったな?あれは本当だ。



gazou20160307 300_Rb







クリックして続きを読む



長崎は佐世保にて開催された、「西海ノ暁9」で頒布された響ちゃん抱き枕カバーをレビューしていきます。
普段だとイベントレポを先に、モノのレビューを後に書いているのですが、ちょっと多忙につきレポを書いてる時間がなさそうなので、先にレビューだけ。





サークルは「みるこみ」、エロゲーブランドALcotの原画でおなじみのPRIMIL(仁村有志)先生のサークルです。









表面・全身図。両面エロだ!(*´д`*)


gazou20160307 279_R









gazou20160307 282_R








表情。

gazou20160307 284_R








表面から露になるちっぱい( ゚∀゚)o彡゜

gazou20160307 285_R








おなか&タイツ越しにみえるぱんつ。
結構お腹フェチなので、両面エロでも表からお腹をちゃんと見せてくれてるのは好き。
「乳首だけ見せときゃいいだろ」みたいなのは嫌い。

gazou20160307 291_R









gazou20160307 292_R

















続いて裏面・全身図

gazou20160307 295_R









gazou20160307 300_R








表情

gazou20160307 302_R






この乳首~膨らみかけのお胸~腋の描写、エロすぎる(;´Д`)

gazou20160307 304_R









gazou20160307 306_R










そしてお待ちかねのすじ描写。かなりガッツリ描かれてますよ!
「西海ノ暁」のレギュレーションがどんなものなのか知りませんが、少なくともコミケよりは随分ゆるいですね。
当日頒布停止とかにならなくてよかった (;´д`)


gazou20160307 308_R









一部の人には堪らない、パンツの染み描写。

gazou20160307 312_R











生地はフレスのアクアライクラ。
手触りはライクトロンには一歩及ばないものの、その分耐久性は上(毛羽立ちにくい)です。



gazou20160307 276_R









それにしてもPRIMIL先生の描く響ちゃん本当に可愛らしいですね。








キミを一人になんかさせない(゚∀゚)!!ということではるばる佐世保から連れ帰ってきた訳ですが、馬鹿にならない額の旅費を使う価値のあった一品だったと思います。


事前に公開されていたサンプルが↓の2枚だけだった(はず)状況で、長崎行きのチケット取るのは賭けみたいなところがありましたが、無事に賭けに勝った感。





CblNmN3UYAATv86.jpg



CU4-czJUYAEsOli.jpg







イベントのレポ(というか、ほとんど長崎旅行記のようなものになるはず)は、落ち着いたところでアップしていきたいと思います。以上です。












Close↑

【さらに関連記事を読むにはタグをクリック→】 抱き枕艦これ
[2016.03.10(Thu) 21:07] 抱き枕カバーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 艦これ・ヴェールヌイB2タペストリー(こみトレ27 きのこのみ) 



自分的にはタペストリーでは久々の大ヒット。



gazou20160221 083b
クリックして続きを読む



こみトレ27で頒布されました、きのこのみ・ヴェールヌイB2タペストリーが届きましたのでレビュー。
前回記事で言っていた「非常に楽しみな一品」とはこれのことでした。
流石にこれだけのために大阪まで行く気力はなかったのでオク経由での入手にはなってしまいましたが。
タペストリーも公式で通販してくれるとありがたいんですけどねえ。








全身図

gazou20160221 083









表情。

gazou20160221 084_R






ちっぱい!( ゚∀゚)o彡゜


gazou20160221 089_R









下g……はいてない!


gazou20160221 094_R




素材はWスエードなので発色良し。
夜の海を思わせる綺麗な背景にヴェールヌイちゃんのロリロリボディが良く映えていますハァハァ(*´д`*)








後、紐がちゃんと背景の色(イメージカラー)と合っているのもおしゃれ感あって良いですね。
現状ただのエロいだけの部屋なのでお洒落エロい部屋を目指して行きたい……(寝言)


gazou20160221 078_R










kino先生の描くヴェールヌイは以前も一度タペストリー化されているようなのですが、その時のものと比べて露出度上がっているのでこちらの方が好き……お腹が見えるようになっているのは重要なプラスポイント。
















以前レビューしたヴェールヌイ抱き枕とあわせて使っていきたい一品でした。



gazou20160221 078_R









以上、レビューでした。







さて、今後の予定ですがサンクリ(2/28)は悩み中ではありますが多分見送ると思います。
CAT=KATZから頒布される弥生抱き枕カバーは唯一気になってはいるものの、一応旧版は持っていますし敢えてそれだけのために買いに行くまでではないかなーと。






代わりという訳ではないですが、3/6に九州は佐世保にて開催される、「西海ノ暁」というイベントへの参戦を検討しています。








場所は佐世保です。(大事なことなので二回言った)
マジで佐世保まで行くの……?マジです。


目的はみるこみ(PRIMIL先生)から頒布されます、響ちゃんの抱き枕カバー、ただ一点のみです。
普通はグッズ1点だけのために遠征したりはしないのですが、佐世保……というか長崎は前から一度行ってみたかった場所でもあるので、観光半分で行って来ます。


といつつまだ抱き枕のサンプル画像が出切っていないので、最終的に行くかどうかの判断はそれ待ちになりそうなんですけどね…… 
宿とか早く決めてしまいたいんだけどなあ……















Close↑

【さらに関連記事を読むにはタグをクリック→】 タペストリー艦これ
[2016.02.24(Wed) 00:15] タペストリーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 【C88/きのこのみ】艦これ・ヴェールヌイ抱き枕カバーレビュー 




キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


gazou20151012 033b




クリックして続きを読む



C88のレポ記事の方で買えなかったと嘆いていた「ヴェールヌイ抱き枕カバー」(きのこのみ/kino先生)ですが、このたびきのこのみショップ通販の方から無事届きましたのでレビュー。





gazou20151012 001


こんな感じで届きました。








表面・全身図

gazou20151012 009_R

(サムネイルクリックで拡大します)





表情

gazou20151012 014_R








表面はガード固いですねぇ……

gazou20151012 019_R










gazou20151012 021_R






裏面・全身図

gazou20151012 027_R






表情かわえええええ(;´Д`)

gazou20151012 037_R







ちっぱい!ちっぱい!( ゚∀゚)o彡゜

gazou20151012 043_R



最初一瞬、「乳首の位置上すぎない?」と思ったら、よく見たらバンザイしてるポーズなんですね。
どうせだったら制服の上も完全に脱がせて腋を見せて欲しかった(;´Д`)
まあ脱がせると今度はキャラが誰だか分からなく問題があるのかもしれないですけれども。









おなか

gazou20151012 046_R








コミケ基準なのですじ描写は無しです。残念。

gazou20151012 047_R








gazou20151012 033








装着するとこんな感じ。




gazou20151012 057_R

gazou20151012 058_R









gazou20151012 061_R

gazou20151012 064_R









品質表示。ライクトロン。

gazou20151012 007






個人的には「この1枚に出会うために抱き枕erになった!!」と言っても過言ではないほどの1枚でした。
響/ヴェールヌイちゃん自体、艦これの中でも好きなキャラではありますが、何より裏面の表情/ポーズ/ちっぱいetc……何もかも素晴らしすぎでした。
kino先生の透明感ある絵とヴェールヌイちゃんのキャライメージとがとてもうまくマッチしていると思います。
自分的には今年ナンバーワンの抱き枕になるどころか、オールタイムベストも狙えそうなくらいの一品。




ヴェールヌイちゃんを家にお迎えした日の翌日から三連休だったのですが、うち2日間をほぼ丸々家でヴェールヌイちゃんといちゃいちゃするのに費やしてしまった程でした( ˘ω˘)
抱き枕カバーが恋しすぎてベッドから起きれないという感覚、久しぶりに味わいました。





コミケ会場で買えなかったのは残念でしたが、ちゃんと通販してくれたkino先生に感謝。ちょっと高めの値段設定(送料や手数料諸々込みで約14500円。とらやメロンの委託で買うと15000円以上)も気になりませんでしたね。





基本的に今まで1種につき複数枚買いはせずに来たのですが、こんなに良い物だったら複数枚購入しておけば良かったかな~とか今更ながらに思っています。
というか、比較的市場に出回ってるであろう今のうちにオクかどこかでもう1枚確保しておこうかしら……?
特にライクトロンの抱き枕カバーは傷つきやすく、使っているうちに劣化や洗濯での色落ち等が避けられそうにないので。










レビューは以上です。










以下は、抱き枕と全然関係ないつぶやきなど。









艦これといえば、PSVitaの「艦これ改」の発売日がまた延期になってましたね('A`)
ちなみに私は艦これゲーム本体からは引退してだいぶ時間の経っている提督です。
ソシャゲ・ネトゲの類って何か「毎日遊ぶことを強要されてる感」が好きになれなくて、だいたい長続きせずに終わってしまうんですよね。


飽きっぽい自分には買い切り式でエンディングのあるゲームの方が性に合ってるかな~と思って、「艦これ改」には密かに注目してるのですが、発売延期を繰り返していて一向に出る気配がないという……


こういう発売延期を繰り返してるゲームって、意識高いスタッフが採算度外視で拘りまくっていて、物凄い魂の名作になるか、完全に開発の戦線が崩壊していてどうしようもないクソゲーになるかの二択のような印象があります。


こういっちゃなんですが角川ゲームスが前者に該当しそうにも思えないので後者に該当しそうな臭いがプンプンするのが何とも……
Vita本体を持ってないので本体ごと買うことになるのですが、もしこれでクソゲーだったら泣けますね。











Close↑

【さらに関連記事を読むにはタグをクリック→】 抱き枕コミケ艦これ
[2015.10.12(Mon) 18:29] 抱き枕カバーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

記事更新カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

ユーザータグ

最新記事

エロゲー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

管理人おすすめサイト様

ブログランキング

抱き枕カバー

グッズ

抱き枕カバー関連新着情報

画集